こだわりの満天桃

八旗農園の伝統栽培方法と特許技術「ニードル農法」が掛け合わさった最高級ブランド桃。

満天桃とは

「満天桃」は八旗農園が誇る最高級品質の桃です。
品種は「白鳳」「清水白桃」「川中島白桃」の3種類です。
満天桃は、八旗農園のプロの選果師および光センサーによる厳しい選果によって合格した「味・大きさ・見た目」全てが満点と評価した桃にのみ与えられる称号です。
このような厳しい条件を合格する桃は、1本の木から約5%しか採れません。
大変希少な満天桃は大切な人へのご贈答品として喜ばれること間違いなしです。

ご注文はこちらから『満天桃 大玉(5Lサイズ以上)3玉』

こんなところで育てています

満天桃は、西日本最大の桃の生産量を誇る和歌山県紀の川市桃山町で栽培されています。
桃山町は、紀ノ川沿いの地域であることから砂れきを含んだ水はけのよい地質と温暖な気候のため、桃栽培に適した環境が整っています。

また、桃山町は関西では有名な「あら川の桃」の生産地でもあります。満天桃も桃山町で栽培されているため、あら川の桃としても呼ぶことができます。

特許農法でさらにおいしい桃へ

八旗農園は、平成26年より日本振興株式会社が保有するニードル農法を用いた桃への実証試験に協力してきました。
ニードル農法とは、太陽光発電を活用した微弱な電気刺激によって植物を刺激し、果実品質に関係するさまざまな細胞を活性化させる技術です。

ニードル農法には、「糖度アップ」「果実重増加」「着色改善」の3つの効果があります。
このような効果をもたらすニードル農法を実際に体感し、八旗農園の栽培方法に取り入れたことにより、「満天桃」が誕生したのです。

味・大きさ・見た目を満点にするこだわり

桃は果実の中でも非常にデリケートであるため、日々の栽培管理はとても大変です。
剪定・受粉・摘果・袋掛け・収穫といったほとんどの作業が手作業で行われています。
そんな手間暇かけて作るからこそ、お客様には最高においしい桃をお届けしたいという想いがあります。

満天桃の厳しい選果基準

見た目(等級)チェック

八旗農園のプロの選果師による手選果によって、ひとつひとつ丁寧に選別します。

選果によってそれぞれ「赤秀品」「青秀品」「優品」「規格外品」に分けられます。
満天桃となる桃は赤秀品と同等の見た目のものとなります。
等級チェックでは約40%が赤秀品として選別されています。

赤秀品 デパートや高級フルーツ店で贈答品として販売されている最高級品質のもの
青秀品 デパートなどで二級品として販売されている高品質のもの
優品 スーパーなどで販売されている一般的な品質のもの
規格外品 直売所などで安価に販売されている低品質のもの

大きさ(階級)チェック

等級チェック後は電子秤を用いてそれぞれの階級ごとに選別します。
2Lサイズ・3Lサイズ・4Lサイズ・5Lサイズ以上
満天桃は5Lサイズ以上(360グラム以上)が基準となっています。
等級チェックで赤秀品に選別された桃のうち、約30%が5Lサイズ以上としてさらに選別されます。

糖度チェック

等級が赤秀品かつ階級が5L以上のものを光センサーによって最終選別します。

満天桃の合格糖度基準

白鳳 糖度12度以上
清水白桃 糖度12度以上
川中島白桃 糖度13度以上

長年、八旗農園が食べ比べてきた結果を基に品種ごとの最もおいしく感じられる糖度を基準としております。
最終選別では、等階級が基準を満たしたもののうち、約30%の桃のみが合格します。

こうした厳しい選果によって、味・大きさ・見た目全ての基準を合格し、満天桃の称号が与えられる桃の割合は全収穫量の約5%しかありません。
そんな希少な満天桃は、八旗農園が慎重に梱包し皆様のもとへお送りいたします。
大切なご家族への贈り物やお中元として喜ばれること間違いなしです。

満天桃の商品説明

商品名 満天桃(MANTEN-NO-MOMO)
内容量 3玉(5Lサイズ(360g以上)以上の大玉)
品種 白鳳(7月上旬~7月中下旬)
清水白桃(7月中下旬~8月上旬)
川中島白桃(7月下旬~8月中旬)

ご注文はこちらから『満天桃 大玉(5Lサイズ以上)3玉』